生理前のイライラが酷い…そんな時はアロマテラピーが効果的!

MENU

生理前のイライラが酷い…そんな時はアロマテラピーが効果的!

生理前になると体調が悪くなったり、精神的に不安定な状態になってしまう人が多くいます。
これは、月経前症候群と呼ばれるもので、PMSという呼ばれ方でも知られています。

 

PMSが起きる原因とされるのが、女性ホルモンの影響です。

 

女性ホルモンは、月経終わりから排卵日まで多く分泌されるエストロゲンと、排卵日から月経が始まるまでの間に多く分泌されるプロゲステロンの2種類があり、プロゲステロンが多く分泌される時期にPMSの症状が起きやすくなります。

 

そんなPMSの症状を和らげたいと考えた場合に、有効な方法のひとつに、アロマテラピーがあります。

 

アロマテラピーに使われる精油の中でも、特に効果を期待できるのが、ゼラニウムとネロリです。
ゼラニウムとネロリには、ホルモンに似た働きをするという特徴があり、香りを嗅ぐとホルモンバランスを整える効果を期待する事が出来ます。

 

ホルモンバランスが整えば、生理前のイライラ等の症状が起きにくい状態となります。
この効果は、生理前だけでなく、ホルモンバランスが乱れやすい更年期の女性にも有効と注目を集めています。
ですから、生理前に気持ちを落ち着けたいと考えるのであれば、ゼラニウムやネロリを取り入れてみる事がおすすめです。
ただ、香りの好みもあります。

 

ですから、ゼラニウムやネロリが合わないと感じるのであれば、気持ちを落ち着ける効果のあるラベンダーを取り入れてみる等、好みの香りを取り入れていく事が有効です。
イライラではなく、気持ちが落ち込んでしまう、やる気が出ない状態になってしまうという場合は、柑橘系の香りを取り入れてみると良いでしょう。
そんな精油の取り入れ方は人によって様々です。

 

手軽に精油を取り入れたいと考えるのであれば、入浴時に湯船に数滴垂らしてみるという事が有効です。
生理前に、イライラしてしまう、気持ちが落ち着かなくなる等の症状で悩んでいるのであれば、アロマテラピーを始めてみる事がおすすめです。

 

あとはイライラだけではなく肌荒れに悩むという人も多いです。女性ホルモンが不安定なのが原因でターンオーバーが遅れたり水分保持が上手くいかないことでニキビや乾燥がひどくなるケースも。アロマテラピーで心のケアをしつつ外側からも水分をキープしてくれる成分が配合された化粧品(プロテオグリカンやセラミドなど)を使ってケアしてみるのがおすすめです。

 

PMSの治療に処方される低用量ピルはどんな種類がある?


女性の中には、PMSと呼ばれている月経前症候群に悩んでいる人が少なくありません。月経前症候群は、生理が始まる前に起こる心身の不調を指します。月経前症候群は、重い人だと会社に行けないほど辛い症状が出ることもあります。
低用量ピルは、一般的に避妊のために使われる薬ですが、月経前症候群の治療やニキビの治療にも使われています。
月経前症候群の症状は、排卵の前後に起こるホルモンバランスの変化が影響していると考えられています。ピルを使って排卵を抑えることで、月経前症候群の様々な症状を緩和していきます。
ピルから女性ホルモンを補うことで、卵巣を刺激する女性ホルモンの分泌が減ります。すると、卵巣は刺激を受けずに機能が休まり、排卵が抑えられるのです。

低用量ピルを飲む時間は?


低用量ピルは、毎日同じ時間に飲むようにします。すぐに効果を感じる人がいる一方、効果を感じるまでに数か月かかる人もいます。
ピルを飲むことで、生理痛の原因となる物質の分泌を抑えることができるため、生理痛が軽くなる人もいます。子宮内膜が厚くならないため、経血の量が少なくなるのもメリットのひとつです。ホルモンバランスが整うので、規則正しく生理が来るようになります。

低用量ピルの種類

低用量ピルには、様々な種類があります。ホルモンの量によって、1相性タイプと3相性タイプがあります。
1相性タイプの低用量ピルは、服用期間のサイクル中にホルモンの量が変わることはありません。ピルで生理の日をコントロールしている人は、1相性ピルの方がコントロールしやすいです。
3相性ピルは、28日間のサイクル中にホルモンの量が3段階変わります。ホルモン量の変化は、製品によって異なります。日本では、3相性ピルの人気が高いです。3段階にわけて黄体ホルモンの量が増えるタイプは、自然なホルモンバランスに近いように変化するため、不正出血が起こりにくいという特徴があります。ただ、錠剤ごとにホルモンの量が異なるため、順番を間違えて飲んでしまうと、不正出血が起こりやすくなります。